「真夜中の補講」公式ブログ

ツイキャスで、学術書の著者インタビューや研究教育の雑感を配信しています。

6月の「真夜中の補講」(2017.6.17)

合同会社AMANE・堀井美里さんに生インタビュー!

6月17日(土)22:00~

今月の補講は、合同会社AMANE・堀井美里さんをお迎えして、著者ではない方に初インタビュー!

合同会社AMANE(あまね)さんは、さまざまな専門分野を持つ研究者たちによって、2009年に設立された会社。

おもに学術資料の保存・調査・研究・活用に取り組んでいらっしゃいます。

世の中には、未整理のまま価値が見出されていない資料や、研究成果とうまく結びつけられていない資料が、たくさんたくさん眠っているわけです。

それらをひろく“学術資源”と考えて、保存・調査・研究し、新たな財産として活用していく、というのがAMANEさんのプロジェクトです。

具体的な活動内容は、以下のリンクをご参照ください:http://amane-project.jp/llc/?page_id=60

 

AMANEさんのすごいのは、起業してから、すでに8年近く会社を維持していることです。

実は、大学の外に目を向けると、日本史に関する仕事って存外に多いのかもしれません。

 

設立メンバーだった堀井美里さんには、起業を思いついたきっかけ、予想外に直面した苦労、その裏側にある代えがたいほどのやりがい、などについて、率直にお話しいただく予定です。

もちろん、起業がすべての解決策ということわけではありません。。

それでも、AMANEさんのような多様なキャリアパスを知ることで、研究を続けること、歴史に関する仕事をすることの選択肢や発想が広がるのではないかと思います。

お楽しみに!

↓配信時間になったら、こちらをクリック!

twitcasting.tv

 

広告を非表示にする

【内容変更のお知らせ】5月の真夜中の補講(2017.5.13)

テーマ「祝1周年! 真夜中の補講の回顧と展望/成果と課題」

5月13日(土)22:00~

次回配信で、松沢裕作さんをお迎えして著者インタビューを行う予定でしたが、事情により延期することになりました。

楽しみにしていただいた方、大変申し訳ございません。

またインタビューの日程が決まり次第、お知らせいたします。

 

かわりに、13日は私の単独配信で、「祝1周年! 真夜中の補講の回顧と展望/成果と課題」をお届けいたします。

ノリと勢いだけで無計画に始めた「真夜中の補講」。

おかげさまで、今ではサポーター50人、通知登録者60人。多くのみなさまに応援していただいております。

最近では調子に乗って、学会報告や講演のたびに、レジュメにツイキャス「真夜中の補講」(http://twitcasting.tv/fujinoyuko/)」などと、恥ずかしげなく刷り込む始末。

いいんです、ほっといてください。

次の配信でちょうど1周年ということで、この一年を振り返りつつ、仙台方面とのコラボなど、今後の事業拡張について、みなさんと作戦会議を開きたいと思います。

思えば、著者インタビューも、みなさんからのコメントをきっかけにスタートしたのでした。

次の一年にむけて、再びすてきアイディアをお寄せいただきたいと思います。どうかお知恵をください。

加えて、一周年記念ということで、日頃の感謝をこめまして、豪華プレゼント企画もやろうかと思います。

詳しくは配信冒頭でお知らせいたしますので、こちらもぜひご応募ください。

お楽しみに!

↓配信時間になったら、こちらをクリック!

twitcasting.tv

広告を非表示にする