「真夜中の補講」公式ブログ

ツイキャスで、学術書の著者インタビューや研究教育の雑感を配信しています。

8月の真夜中の補講(2017.8.19)

テーマは「夏休みの自由研究をみんなで勝手に考えよう!」

8月19日(土)21:00~

早いもので、もう8月も中旬に突入。

大学も夏休みに入って、学生たちは大いに羽を伸ばしていることでしょう。

ならば我々もたまには大学生のことはちょっと置いておいて、小中高のみんなに目を向けてみようではありませんか。

きっと夏休みの自由研究のテーマ選びに悩んでいるはず。

もし子どもたちが自由研究で歴史について調べたらば、将来有能な歴史研究者が誕生するかもしれない。

いや絶対するね。

間違いない。

理科なぞをテーマに選ばせるわけにはいきません。

 

というわけで、今回は、自由研究のテーマを勝手に考えて、提案しちゃおうという企画です。

みなさんのとっておきのアイディアや、子どもの頃の経験などをお寄せください。

それらを手がかりに、無駄に高い専門性を活かして、どうやったら調べられるか、もっと深められるか、みんなで頭をひねってみましょう。

別に誰にも頼まれてないけどね。

しかも小中学生とか、絶対聴いていないけどね。

お待ちしています!

↓配信時間になったら、こちらをクリック!

twitcasting.tv

広告を非表示にする

7月の「真夜中の補講」(2017.7.22)

自由民権運動』(岩波新書)の著者、松沢裕作さんに生インタビュー!

7月22日(土)22:00~

次回は、松沢裕作さんの登場です。

5月に配信予定を変更させていただいたのですが、いよいよ実現!

やったー!

 

研究蓄積の厚いテーマに挑んだ、松沢さんの新書自由民権運動

近年の研究成果をどのように取り入れながら、新しい民権運動像を提示しようとしたのでしょうか。

本書に込めた松沢さんの意図やねらいをうかがいます。

そして、これは拙著にもいえることなのですが、いまこの時代に運動史を書くことにどのような意味があるか、という点についても、みなさんと意見交換ができればと思います。

 

いままでの著者インタビューのなかでも、もっとも私の専門に近い本で、緊張しております。 

本書をすでにお読みの方も、これから手にとろうかと思っている方も、ぜひぜひ気軽にお聴きください。

お楽しみに!

 

↓配信時間になったら、こちらをクリック!

twitcasting.tv

広告を非表示にする