読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真夜中の補講」公式ブログ

ツイキャスで、学術書の著者インタビューや研究教育の雑感を配信しています。

これまでの補講・第7回(2016.11.19)

テーマ「K川財団残念賞セルフエア授賞式!」

2016年11月19日(土)23:30~0:30(たしか)

9月に3つあった派手派手しいことの、最後の一つについて。

拙著『都市と暴動の民衆史』がK川財団学芸賞にノミネートされ、10月17日(月)に「残念ながら今回は受賞にいたりませんでした」というお電話をいただくまでの狂想曲についてお話しました。

 

一番最初にノミネートについて版元から一報が入ったのが、9月2日でしたか。

週明けに正式な通知が届き、最終審査の日の連絡先などを返送。

ノミネート作品が正式にプレスリリースされたのが、9月9日でした。

それから発表まで一ヶ月あまり。

私めの小さき心はそわそわそわそわ

発表当日なんざ、それはもう落ち着かず。

仕事が手につかず。

熊のように研究室を徘徊し、かと思えば、急にイスに座って、神に祈りを捧げるなどし。

人間的な器の小ささをあますことなく発揮したのでありました。

 

だってー。

副賞100万円だよ?

そんなこと言われたら、どうしたって「それ私の100万円。」て思うわな。

 

とはいえ、2015年に出版された人文学の研究書のなかから、最後の4冊にまで残していただいたのは、光栄というほかなく。

絶大なる励みになりました。

落選したにもかかわらずご招待いただいた祝賀会のご飯のおいしさも含め、良い経験をさせていただきました。

どうもありがとうございました。

(2017.1.27 記す)

 

広告を非表示にする